ビーンズ桐箱セット

image.jpeg
こんにちは。

テオムラタの牧と申します

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが当店の商品 ビーンズシリーズ

3本用と5本用の桐箱をご用意しております
( 3本用 250円 5本用 280円)

個人的にはロゴマークから見える中の筒の組み合わせによって印象がかなり変わってくると思います

遊び心があってとてもお洒落です

店頭にお越しいただいた方は
カラフルな筒の中からお好みの色、味を選んでいただいた後に

桐箱に入れる順番を決めながら
色遊びを楽んでいただく事によって

商品だけでなく購入されるまでのプロセスがお客様の思い出の1ページになれば嬉しいなと思います

 


父の日に…

image1.JPG
こんにちは!
チョコレート職人の堀川と申します。

梅雨、毎日多くの雨が降っておりますが皆様いかが過ごしでしょうか?

私ごとですが先日、19日の「父の日」に家族より『お父さん、毎日お仕事お疲れ様、いつもありがとう!』と嬉しいコメントとともに3歳の娘より私の似顔絵、お揃いのTシャツを頂きました。

※嬉し過ぎてfacebookにも投稿(笑)

とても幸せなひと時でした。

私は改めて家族の為に頑張ろう、そして皆様に喜んで頂けるチョコレート作りを頑張ろうと思いました。


※お知らせ
ただいま福岡岩田屋にて7月4日まで、7月5日から18日まで福岡三越の催事にてチョコレートの販売をしております。
お近くにお寄り際は是非、お立ち寄りくださいませ!
由布院でも元気に販売しております。

次回、同じくtheomurataの牧 晃司が担当いたします。


 


続、B-speakに勤めて

FullSizeRender.jpg
ブログをご覧の皆さま、こんにちは。
前回より紹介を受けました、洋菓子事業部B-speakの大久保敦史と申します。

わたくし事ではございますが先日、結婚式を挙げさせていただきました。
その時のスピーチでも何を話そうか迷いまして、同じく今回のブログでも何を書こうか迷いましたが、先週の國松くんに続きB-speakでどんな仕事をしているのかを話そうと思います。

フレッシュな新人、國松くんとは対照的に私は無量塔に入社して早10年が経過しました。
旧B-speakから始まり別府湾サービスエリア、湯布院artegio、福岡や東京の催事も経験し、1年半前に古巣B-speakに復帰いたしました。
思い返せばこの10年色々なことがあったなー、と。
良い事も悪い事も今となってはいい思い出です。

さて、私の仕事ですが國松くんと同じく、皆さまがいい夢見て寝てる時間から始まります。
ロールケーキの生地を作ることを主に担当しているのですが、この梅雨時期は湿度や温度も高くなり1年を通し最も気候が影響する季節です。
その中でいかに良い状態のケーキを作るか、今でも毎日試行錯誤を繰り返しながら作業しております。
焼成時間や温度、生地混ぜなど…微妙に変化をつけながら調整するのが難しいですね。

こういったように一人一人が真剣に作っているケーキで皆さまが喜んでいただけるのは嬉しい限りです。
湯布院にお越しの際は是非Pロールをご賞味ください。
1年を通し状態が変わるので、その変化を感じつつ楽しむのも良いですね。
もちろん味は同じですが。
今後ともご指導ください。

長くなりましたが、個人的に力を入れている物も紹介させてください。
以前、カヌレというお菓子も製造・販売をしていたのですが現在は休止中です。
状態が安定せず、やむなく休止してしまいましたがお客さまからのお問い合わせやご要望もあり、現在何人かで協力し復活に向け試作を重ねている最中でございます。
再開まで今しばらくお待ちくださいね。
その時は良い状態で皆さまに喜んでいただける物を提供したいと思っております。

次回のmurata voiceは2年前の更新の時と同じ流れですね。
チョコレート職人、堀川春治さんが担当いたします。

 


B-Speakに勤めて

image1.JPG
皆さんこんにちは!!
4月に入社したB-Speakの國松麦と申します!!
むぎと書いてばくと呼びます!!

今回は、B-Speakに入社して私は何をしているのか
少しお話しようと思います!!

まずは勤務開始時間です。
皆さんがいい夢見て寝ている時間から勤務開始です!
最初は起きれるか分かりませんでしたが
今では遅刻なく出勤出来てるので
これからも遅刻せずがんばりたいと思います!!

次に、仕事内容です。
粉ふるい、材料の計量、生地を伸ばすなどいろいろあります。
3ヶ月目を迎え、作業ペースは最初より早くなったと思います!
けど、まだまだゆっくりなのでこれからは
綺麗で早く!を目標にがんばりたいと思います!!

これからは何でも任せられる人になれるよう
少しづつ成長していきたいです!!


梅雨時期で雨もふりますが
雨の湯布院も良いところです!!!

その際にはB-Speakに足を運んでみてくださいっ!

次回はB-Speakの大久保敦史さんが担当いたします。


アールグレイのチーズケーキ

IMG_4208.jpg

皆様こんにちは!
志津野さんよりご紹介頂きました
早朝でもテンションMAXのB-speakの田中麻依可と申します!!!

今回はアールグレイのチーズケーキをご紹介致します!

北欧産のクリームチーズに、風味豊かなアールグレイの茶葉を使用したチーズケーキが…


なんと!


5月16日よりB-speakでも販売を開始致しました!!


大きさは、長さ 約17cm×幅 約5cm×高さ 約3cm
価格は税込¥2,160-です!!

今回6月6日(月)より始まる福岡の岩田屋の催事でも販売を致します☆

お近くにお越しの際は是非、お立ち寄りくださいませ!

次回はtheo murataの牧晃司さんがお届けします!

無量塔オンラインショップ開設


こんにちは。

洋菓子事業部の志津野と申します。
 

今回は無量塔グループのオンラインショップが開設致しましたのでご報告したいと思います。
 

すでにチョコレートショップ【theomurata(テオムラタ)】の商品は1月からお取り寄せ可能になっておりましたが、


今月から更に、無量塔オリジナルの調味料も購入可能となりました。
 

沢山のお客様にお気に召していただき、送ってもらえないのというお声を多くいただき


実現することができました。


今後新しい商品もオンライショップから提案していきたいと思っておりますので


是非チェックしてくださいね。


https://murata-shop.jp



次回はB-speakでいつも元気な田中麻依可さんです。


はるがきた、はるがきた

 こんにちは。 客室係の田中恵里です。
各地から桜の便りが聞かれる頃となりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
ここ数日で、湯布院の桜も一気に開花しました。
春らしく、彩り豊かな、優しい景色が広がっています。
私が初めて湯布院に来たときは夏。
空が青く、緑が濃い、強く鮮やかな景色に魅了されました。
季節ごとに様々な顔を見せてくれるのは、
自然に囲まれた湯布院だからこそではないでしょうか。
まだ、見たことのない湯布院の姿を探すのが楽しみです。
また、目で感じるだけではなく、
耳を澄ませば、うぐいすの鳴き声。
肌に吹く、生温い風。
ここらにも春の訪れを感じます。
うぐいすの鳴き声といえば、
「おばあちゃんちの寝室からも鳴き声が聞こえたなぁ。」
と、私は懐かしく思いました。
ここ湯布院で感じるものが、
様々な記憶を呼び戻してくれる、不思議な感覚です。
皆様は何に春を感じ、どんな記憶が思い出されますか。
ここ湯布院でそれぞれの春を楽しんでいただけたら嬉しいです。
*写真は、仕事を終えた日の夕暮れ時に。
 この景色を見て、体が一気に軽くなりました。
 murata_voicepic.JPG
次は、客室係の首藤がお届けします。
どうぞお楽しみに。

初めまして

image1.JPG
皆様こんにちは。
今年の3月に入社しました客室係の松尾です。
まもなく桜も咲く季節ですが皆様いかがお過ごしですか?
由布院では、卒業旅行や家族旅行のお客様で平日でも大変賑わっています。
しかし、春は高校の友達や会社の仲間との別れもあり少し寂しい季節でもありますが、新しい出会いの季節でもあります。
私も一人でも多くの方々と出会える事を楽しみ仕事を頑張りたいと思います。
ぜひ皆様のお越しを心よりお待ちしております。

次回は客室係の田中が担当いたします。

そろそろ春がやってきますね

1458394059482.jpg

こんにちは!!
厨房の大石和明です。
湯布院はまだまだ肌寒いですが、そろそろ春がやってきますね☆
東北では、震災から5回目の春を迎えようとしています。
春は、新たなスタートの場。美味しい食材をふんだんに使った料理でおもてなしいたします!!
ここで、可愛らしい山菜を紹介します。
皆さん''こごみ''をご存知ですか?
こごみの名前の由来がとても可愛いんです。
芽が出る様が、人が前かがみに縮こまっているように見えるからだそうですよ☆
皆さんも湯布院で素敵な春を過ごしませんか?


時の経つのは早いもので


皆様こんにちは。
山荘無量塔厨房勤務の天野といいます。
ここ最近の湯布院は暖かくなったり、
3月になるというのに、雪が降ったり
積もるなど、気候が目まぐるしく変わってとまどっている毎日です。

普段、私は蕎麦屋の不生庵の方で勤務しています。
今回は不生庵での近況を、お話したいと思います。
不生庵では3月1日、2日と玄関の改修工事を行っています。
雪が降るなか、業者の方々が朝早くから作業していただき、完成も間近です。
組み立て作業を見ていて、以前に聞いた言葉を思いだしました。
「感謝の心、来て頂いたお客様に感謝、一緒の職場で助け合う仲間に感謝、仕事をしていく上でかかせない業者の方々にも感謝」
この言葉を改めて思いだし、自分が握る包丁、仕込む料理、蕎麦を打つ、
普段当たり前のようにやっている作業一つ一つに、また改めて向き合う事ができました。
写真は改修工事の様子と自分が打った蕎麦になります。
次回は厨房の大石和明にバトンを渡したいとおもいます。