初秋涼夕(しょしゅうりょうせき)

今年、各地で記録的な猛暑が続きましたが、
ここ2週間くらいでやっと涼しくなってきたかと
思います。
湯布院は9月に入り、心地よい夕風と木々の実りが
秋の訪れを教えてくれています。
皆様、いかがお過ごしでしょうか
今回は私、客室係の山口が『無量塔の秋』を
ご案内させて頂きます。
今秋の皆様の『秋』のテーマはなんですか?
『秋』と言えば(スポーツの秋)(食欲の秋)
(実りの秋)(読書の秋)(芸術の秋)など、沢山の
『秋』が楽しめますね。
そもそも何故『秋』にだけ『○○の秋』と言う
言葉が多いのかご存知ですか?
諸説あるようですが
そこには面白い理由がありました。
古来より日本人は、稲作などの農業が主体で
生活をしており特に春から初秋にかけては、
作物を育てる農耕期でとても忙しい時だった
ようです。
秋になると、収穫の時期を迎え、
忙しかった労働も落ち着き様々なことを楽しむ
余裕が出来たのが・・・・・。
そう!『秋』だったのです。
また、ここから色々な『秋』の楽しみ方が
時代と共に変化し発展してきたんですね。 
さて、今回ご紹介させて頂く『無量塔の秋』は
料理長、木村淳二の『秋の味覚』をテーマとした
懐石料理。厳選された秋の食材が木村により
繊細かつ優美な料理に仕上がっております。
最高の料理に舌を唸らせて
秋の夕べを楽しめるでしょう。
また既に色づき始めていますが
紅葉の時期になれば料理との共演で更に
特別な時間をお過ごしに頂けるかと思います。
2017-09-05 16.12.34.jpg
2017-09-05 16.13.39.jpg
昨年の紅葉
長くなりましたが『無量塔の秋』を
ご案内をさせて頂きました。
ありがとうございます。
季節変わり目は体調が崩ずれやすい時かと
思われます。
皆様どうぞ御自愛下さいませ。
次週は客室係の首藤が楽しい話題をお
届けいたします。お楽しみに!

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック