続、B-speakに勤めて

FullSizeRender.jpg
ブログをご覧の皆さま、こんにちは。
前回より紹介を受けました、洋菓子事業部B-speakの大久保敦史と申します。

わたくし事ではございますが先日、結婚式を挙げさせていただきました。
その時のスピーチでも何を話そうか迷いまして、同じく今回のブログでも何を書こうか迷いましたが、先週の國松くんに続きB-speakでどんな仕事をしているのかを話そうと思います。

フレッシュな新人、國松くんとは対照的に私は無量塔に入社して早10年が経過しました。
旧B-speakから始まり別府湾サービスエリア、湯布院artegio、福岡や東京の催事も経験し、1年半前に古巣B-speakに復帰いたしました。
思い返せばこの10年色々なことがあったなー、と。
良い事も悪い事も今となってはいい思い出です。

さて、私の仕事ですが國松くんと同じく、皆さまがいい夢見て寝てる時間から始まります。
ロールケーキの生地を作ることを主に担当しているのですが、この梅雨時期は湿度や温度も高くなり1年を通し最も気候が影響する季節です。
その中でいかに良い状態のケーキを作るか、今でも毎日試行錯誤を繰り返しながら作業しております。
焼成時間や温度、生地混ぜなど…微妙に変化をつけながら調整するのが難しいですね。

こういったように一人一人が真剣に作っているケーキで皆さまが喜んでいただけるのは嬉しい限りです。
湯布院にお越しの際は是非Pロールをご賞味ください。
1年を通し状態が変わるので、その変化を感じつつ楽しむのも良いですね。
もちろん味は同じですが。
今後ともご指導ください。

長くなりましたが、個人的に力を入れている物も紹介させてください。
以前、カヌレというお菓子も製造・販売をしていたのですが現在は休止中です。
状態が安定せず、やむなく休止してしまいましたがお客さまからのお問い合わせやご要望もあり、現在何人かで協力し復活に向け試作を重ねている最中でございます。
再開まで今しばらくお待ちくださいね。
その時は良い状態で皆さまに喜んでいただける物を提供したいと思っております。

次回のmurata voiceは2年前の更新の時と同じ流れですね。
チョコレート職人、堀川春治さんが担当いたします。

 


関連する記事
コメント
ご結婚おめでとうございます。湯布院artegioで特にチーズケーキとカヌレが大好きでした。カヌレが製造中止になって暫くして山口県のフランス料理店で月替わり料理で頂ける事になりウキウキして伺いました。形はカヌレでしたが味は別物でした。冷静に考えたらチーズケーキだって他所と違うのにカヌレだって違って当然でした…。もう一度だけでも食べたいと思っていました。努力されて居られるとのことで嬉しくなって…。大変でしょうが頑張って下さい。楽しみに待っています♪
  • 岡山 康子
  • 2016/06/26 8:52 PM
岡山さま、こんにちは!
コメント、ありがとうございます^_^
久しぶりに覗いてみたら、自分の記事にコメントが!(笑)

やはりただカヌレと言っても、レシピ、使用道具、作り方によって全く別物になってしまいます。
ちなみに、今日もカヌレの試作をしてまいりました。
生地の具合は大丈夫です。
あとは微調整ですかね。

大変長らくお待たせして申し訳ございませんが、あと少しだと思っています。
岡山さまのような熱烈なファンの方がいることは非常に嬉しいですし、こちらとしても頑張ろうという気になります!
本当にありがとうございます!
  • 大久保 敦史
  • 2016/07/13 4:57 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

無量塔

カテゴリー

アーカイブ

最近の記事