YUFUiNFO−sanpo tourism

Good day to you,letter from Shio/    sub manager

写真はこの春に新しくお目見えした、坂茂さん設計の由布院観光案内所、通称ユフインフォ。
木造りのスロープを上がると、図書館のように本棚が並び、目には窓越しの由布岳が飛び込んできます。
ここは、磯崎新さん設計の由布院駅の脇で繋がるように静かに佇んでいます。
由布院は、駅から始まる建築散歩も愉しめる街でもあります。
隈研吾さん設計のCOMICO、当山荘の移築古民家や川西地区の旧日野病院、川北地区の文学の森・碧雲荘など、盆地のところどころに魅入ってしまうような建物があったり、小さなアートスペースや個性的なギャラリー、カフェなども点在しています。
観光とは古代中国の易経に由来し、文字通りその場所の「光」を「観る」ことと言われます。
では湯布院の「光」とは?
観光の中心とされる湯の坪街道は賑わっていますが、好きなお店もあるものの個人的には不本意な様相…
元々、別府の奥の湯として温泉街を形成せず、由布山麓の盆地のあちこちに個性が点在する町ですから「光」はこの町に散りばめられています。
無量塔が町外れのこの場所に在るのも、その一つなのかもしれません。
湯布院では中心部だけでなく、ぜひ外側をゆっくり散歩して、自分だけの「光」を見つけてみて下さい。
そのお手伝いができることを、観光案内所をはじめとする町の人も、私たち無量塔スタッフも楽しみにしています。
次回はフロント・コンシェルジュの松尾がお届けします!
Tourism in Yufuin is the finding your own "extra",walking around anywhere in town as slow tempo "sanpo",then you/I saw the "light".
 

読書の秋

20181102_012252771_20181102165318.jpg

皆様こんにちは。Tan's bar在籍の藤井と申します。


すっかり秋も深まり、紅葉シーズンも本番ですね。秋は様々な事が楽しめる季節。レジャーや芸術やスポーツ、それから読書も。
私個人は、今年は久しぶりに読書の秋に出来たらなと考えております。私ども無量塔にも、そんな秋の読書をゆっくりと楽しめる施設がございます。少しご紹介させて下さい。

関連施設である美術館のアルテジオ、その展示室の奥には2F分の閲覧可能な大きな書庫がございます。そちらでゆったりと沢山の本の世界に浸ってみるのもまた一興かと思います。

また、無量塔の顔とも言えますカフェラウンジ、Tan's barへ皆様のお好きな本を小脇に携え、いらっしゃって下さい。
ゆったりとした時の流れるラウンジの中で、コーヒーや紅茶を片手に読書をされるのもまた癒やしの時間となるのでは?きっと、豊かな読書の秋に彩りを添えてくれるものと考えますので、湯布院へ立ち寄られた際には足を運んで頂けたら幸いです。

次回は副支配人の塩谷からお送り致します。


おおいた大茶会

image1.JPG
こんにちは、Tan's barにおります宮川と申します。
現在、大分県では、おおいた大茶会と題して、
「国民文化祭」、「全国障害者芸術・文化祭」が行われており、県内各所で様々な趣向を凝らしたイベントが行われています。
湯布院では「ゆふいん音さんぽ」と名付けられたイベントが企画され、音楽に関する、特に蓄音機を題材にしたプログラムが11月後半まで様々行われます。今月末28日、日曜日には蓄音機と人形浄瑠璃の共演が予定され、なかなか見られない組み合わせで、楽しみにされている方々多いようです。
紅葉もはじまり秋の気配いっぱいの湯布院は、今音楽を楽しむのに絶好の環境だと思います。是非気になるプログラムをチェックして頂き、湯布院にいらっしゃる機会になればと思っております。
次回はTan’s bar 藤井が担当します。


Fw:神無月

DSC_0015.JPG
皆さん、どんな秋を過ごしてますか?
だんだん、朝晩寒くなっている、湯布院。
紅葉もちらほら、出てきた様子、11月上旬ピーク予定。

今回、首藤が紹介する。

九州よかよかドライブパス2018(ETC専用)期間は、〜12月16日まで、この機会に高速道路を便利に使って、お得にドライブしては、いかがでしょうか?
このプランは、乗り降り自由で、これからの季節九州の紅葉を見に出掛けたらどうでしょうか?

タンズ・バー内の暖炉も火を入れ薪の香りとクラシックの音楽を聞きながらの、至福の一杯、最高ですよ。
是非ドライブパスを使って、山荘 無量塔にお越しください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。
次回 同僚の宮川 真一が担当します。

ドライブパスについては、NEXCO西日本のホームページに詳細があります。


「古き良き物」

image2.jpeg

 

こんにちは、Tan's bar担当の荒木です。
今回はbarに設置してある、蓄音機のお話を。

常時、劇場用スピーカーから音楽を流している
Tan's barですが、もう一つ音楽を奏でる物が
あります。
それが入口に置いてある、イギリス・グラモフォン社製1929年頃製造の蓄音機です。

スタッフの気まぐれやお客様の要望で
たまに機動させるのですが一曲毎にSP盤レコード(一面に一曲のみ)を置いて、ゼンマイを巻き
針を落とす作業で音が流れます。
現代の音楽ツールと比べると一つ二つ手が掛かりますがそのプロセスが以外と楽しかったりします。
そうして、奏でられる音楽はとても新鮮で何とも言い難いノスタルジックな気分にさせてくれます。
これから朱色に染まる湯布院の原風景に合う事でしょう。

ふとした古き良き物との出会いが
日常を忘れさせ心身の栄養に繋がる様に思えます。

スタッフに一声頂ければ試聴出来ると思います。是非、お越し頂きお試し下さい。

次回はTan's bar首藤がお届け致します

 


季節限定の新米!!

image1.jpeg
日増しに秋の深まりを感じる今日この頃皆様お変わりごさまいませんか。
今回福間がお送りいたします。今年の夏は猛暑で大変でした。やっと夏も終わりに近づき過ごしやすい秋!湯布院では夜ごと虫たちの声に耳を傾けたり朝、気温が低い日には朝霧雲海と楽しめます。夕食時にはこの時期限定の新米をご用意しています。新米は甘味と風味、もちもち感の味を楽しんで頂けます。
皆さまお誘いのうえお越し頂けたら幸いです。従業員一同心よりお待ち申し上げます。
次回はTan'sBar荒木がお送り致します。


暑中お見舞い申し上げます。

みなさん、こんにちは。

湯布院の梅雨も終わり本格的に真夏のような厳しい暑さが感じられるようになりました。

今回は客室係の渡辺がお届け致します。

 

無量塔にお泊まりになった際、「お料理」「室礼」「プライベート温泉」などなど魅力がたくさんございますが、

今回は客室やTan′s barで生けられたお花を紹介致します。

各お部屋の「床の間」や「玄関」にございます生け花は湯布院の四季を感じられます。

こちらは、客室係がそれぞれの空間に合ったお花を敷地内に咲いた花を使って自分の感性で生けたものです。

各部屋の生け花も魅力の1つだと自負いたしております。是非ご観賞ください。

 

ますますの酷暑にお身体崩されませぬよう、どうがご自愛専一にお過ごしくださいませ。

 

次回は同じく客室係福間がお届けします。

image1.jpeg

 

 

 

 

 


小鹿田の皿山

IMG_2868.JPG
こんにちは。客室係の山田麻央と申します。今回、皆様に大分の焼き物、日田にございます小鹿田焼(おんたやき)をご紹介させて頂きたいと思います。
> 江戸中期、1705年に小石原焼(福岡)の兄弟窯として開窯。以来、伝統的技法を一子相伝で受け継いでおり、現在は10軒の窯元が作陶を行い独自の作風を守り続けています。
> 柳宗悦氏(民藝運動の創始者)が世に広め、同時期に陶芸家であり画家のバーナード・リーチ氏が3週間滞在したことで、全国に小鹿田の名が知られるようになりました。2人は焼き物のことだけでなく、この村の風景の素晴らしさも伝えております。
> 川の流れを動力にした唐臼。日本の音風景100選にも選ばれています。

> リーチ氏の滞在中、当時の小鹿田焼にはなかった取っ手(ハンドル)付けの技術を窯の人達に伝授したそうです。
> 使うほど美しさが増す「用の美」。
> 当館のセレクトショップ藏拙にも小鹿田焼や、大分の作家さんの器など、一部取り扱っております。湯布院にお越しの際はぜひぜひお立寄りください。
> 次回は客室係のフレッシュ渡辺がお伝えいたします!
>
> ※こちらの写真の絵画はバーナード・リーチ氏が小鹿田の皿山を描いております。


Fwd: 無量塔ボイス


 
image2.JPG




みなさん、こんにちは。客室係松尾です。
湯布院も梅雨入りしてから雨が続いていますが、いかがお過ごしですか?
町内も観光のお客様も雨が降ると、少なくなってしまいます。
そんな時は、当館のタンズバーで雨宿りしてみてはいかがですか?
ご存知の方も多いと思いますが、
無量塔と言えばロールケーキですよね。
そして、茶葉が香るしっとりと美味しい
チーズケーキ、無量塔オリジナルショコラなど、コーヒーや紅茶に合うおやつを沢山ご用意しています。週末になると、
すぐ売り切れてしまうので、お早めにお越しください。
お土産としてお買い求め頂く際は、
Bスピークで購入できますよ。
次回は客室係の山田がご案内いたします。






 

由布岳

image1.JPG

 

 

皆様こんちには。

G.W.も終わって、またいつもの町内が戻ってきました。

皆様はG.W.いかがでしたか?

今回は、客室係の原田がお届け致します。

 

さて、新緑の季節となりましたが、由布岳はいよいよ山開き。

今年は5月13日のようです。 

 

本日も由布岳、無量塔からでも抜群の存在感でございます。

山好きの皆様、そうでない皆様も湯布院にお越しの際は由布岳、ぜひご覧下さい。

 

次回は、同じく客室係の松尾がお届け致します。

 



無量塔

カテゴリー

アーカイブ

最近の記事